牧師の紹介

牧師:坂本 献

▲20世紀後半に福岡県で生まれました。生まれたらそこはバプテスト教会の牧師の家でした。ちなみに母方の父(私からいえば祖父)も牧師で日本キリスト教団北九州復興教会の創立者である山中日出刀(故人)です。
▲日本大学芸術学部を卒業後、常盤台バプテスト教会の推薦を受け、西南学院大学神学部(日本バプテスト連盟の教派神学校・牧師養成機関)に学士入学。
▲最初の赴任地は「児湯キリスト教会(宮崎県)」でした。高鍋に住んでいました。その後、「福岡有田バプテスト教会」牧師に就任。福岡時代はホテルでの挙式牧師やドラム教室なども行っていました。その後2004年から「神戸バプテスト教会牧師」並びに教会から生まれた「光の丘幼稚園」の園長もしていました。そし2013年4月より「所沢キリスト教会」牧師に就任いたしました。
▲それ以外の働きとしては「宗教法人 日本バプテスト連盟理事(2期)」「神戸市私立幼稚園連盟理事」「神戸YMCAミッション委員」「日本バプテスト連盟教会音楽専門委員」を歴任。現在は「日本バプテスト連盟新生讃美歌評価検討委員会議」委員に就任しております。
▲関心としては教会の礼拝などに欠かすことのできない「教会音楽、讃美歌」の研究があります。また、カウンセリングの学びも続け、いろいろな相談も受けております。趣味はドラム演奏や作曲、簡単な大工仕事です。ぜひ、あなたとお会いできる時を楽しみにしています。


協力牧師:浅見祐三

▲浅見牧師は1945年、埼玉県東吾野村生まれ。日本バプテスト連盟に所属する「目白ヶ丘教会」(東京都)でバプテスマを 受けておられます。
▲青年時代、鹿児島で 交通事故に遭い、7カ月も入院しました。▲この時、先生はドストエフスキーの全作品を読破するなど して「人生」について思い巡らせ、教会の先輩であり、西南学院大学神学部教員(当時)の青野太潮先生と何度も手紙のやり取りをし、神学校へ行く決心をされ、「農村伝道神学校」に入学しまし た。▲神学校で伴侶となる鈴子先生とも出会い、結婚。その後、お子さんを誕生直前に死産するという体験をされました。
▲神学校卒業後、1977年から札幌バプテスト教会副牧師を経て、白石バプテスト教会(札幌)牧師として歩まれた後 、1983年から6年3カ月、日本バプテスト連盟派遣インドネシア宣教師として派遣されました。
 赤道直下のインドネシア、スマトラ島ランポン州で開拓村に散在する12の小さな伝道所を巡回し、一回の走行距離が700キロを超すような 伝道旅行を重ねていったのです。▲イスラム教徒が圧倒的に多い地での伝道と生活改善、そしてインドネシアから見える日本の姿を発信することを使命としました。▲多くの活動をここで書ききれませんが、私が若い頃、浅見先生がインドネシアの服を着て、日本で使う「割り箸」のためにインドネシアの森林が切り崩されている話をされ、ショックを受けたことを思い出します。
▲特筆すべきは「牛の育成計画」です。貧しい開拓農民の方々に、世界祈祷週間献金等により牛を四頭購入し、信徒の家庭で育てさせ、畑を耕し、生まれた子牛を他の信徒に譲渡する方法で農民の生活基盤の安定と改善を図ったのです。▲地道な宣教を続け、トゥンガル伝道所は数名の礼拝から平均50名礼拝の群れと成長しました。
▲帰国後は山口県(防府バプテスト教会)と長崎県(相浦光キリスト教会)で牧会伝道をなされ、リタイア後、入間市に住居を定めました。2015年5月には鈴子夫人を天に送られました。浅見牧師はフルートの演奏が趣味です 。 ▲著書(故浅見鈴子氏と共著):「スマトラの大地 ~インドネシア・ランポン開拓村より~」 1991 年、ヨルダン社 。文責:坂本 献よん


協力牧師:中田義直

▲中田牧師は1960年代、東京都で生まれました。幼少の頃から「常盤台バプテスト教会」に通いバプテスマを学生時代に受けました。
▲玉川大学教育学部の学生の頃、牧師としてのミッションを与えられ、玉川大学を卒業後、西南学院大学神学部並びに同専攻科卒業されました。
▲神学校卒業後は、茗荷谷キリスト教会副牧師から後に主任牧師に就任、その後、常盤台バプテスト教会主任牧師を経て市川大野キリスト教会牧師。その間、日本バプテスト連盟(以下「連盟」)では財務委員長や賛美歌検討委員、教会教育に関わるお働きなど多様にされました。
▲2019年3月まで連盟常任理事に選任されていましたが、昨年秋の連盟定期総会で中田先生を次期常務理事として理事会推薦により議場に提案され、連盟総会にて承認され、2019年4月から連盟常務理事に就任されました。現在、連盟は多くの困難な課題がある中で冷静・着実に全国320の教会・伝道所で構成される連盟の運営をリードできる方として大きな責任を与えられている先生です。また、東京バプテスト神学校では「教会教育」等を教授されておられました。
▲趣味は音楽鑑賞でクラッシックを主なレパートリーとするCDは数枚とも数千枚ともいわれます。▲坂本との個人的なつながりで申しますと、私が上京した後、常盤台教会のメンバーとなり、常盤台教会の青年会で親しくお交わりをいただきました。共に西南大学神学部に学士入学し、共に卒業した同窓でもあります。▲私が上京した時はよく中田先生のご自宅に泊めていただきました。このような中田氏を所沢キリスト教会協力牧師としてお迎えできたことを心より感謝しております。(文責:坂本 献)

下の写真は中田協力牧師就任式にて、中田先生の伴侶(ふじみ野バプテスト教会員)と所沢の3人のおじさん、いや、3人の賢者、いや実は牧師です!